d5c4985ad4f45e7d9a41001d94d658c0_s
皆様こんにちは。VKです。

2週間ほど前でしょうか・・・
朝目が覚めたらめちゃくちゃ元気だったんですよ。
こんなの久しぶりだな!!ってテンションが上がったんですが、
その日一日中元気で次の日ぐらいまでその元気が続いたんです。
そこでこう思いました・・・

「なんでこんないきなり元気になったんだ?」と
何をして元気になった?答えは・・梅酒!!

別に特別なことを意識したわけではないのですが、
めちゃくちゃ元気になったんで、
これをずっと継続したい!!と思ったんです。

前日にあったことを思い出します。
「何食べたかな?」「どんな運動したかな?」と
そこで一つ気づきました。
今までにしてなかったこと。それは・・

梅酒を一杯飲んだんです。
たしなむ程度に一杯だけ。


とはいえまだ半信半疑

確かに梅酒を飲んだものの、
「本当にそれかな?」と思いました。
なので疲れがたまって起きるのがしんどくなるまで待ち、
また梅酒を飲んで寝ました。

すると次の日身体が楽だったんです!!
とする次の「なぜ?」です。
なんで梅酒を飲んだら身体が楽になるのか?

梅酒に含まれる「クエン酸」が疲れをとる元

梅酒にはクエン酸が多く含まれているから、疲れがとれるようです。
そもそも「梅」にクエン酸が多く含まれており、
クエン酸は疲労の元になる「乳酸」を分解するようです。
さらにクエン酸は胃の粘膜を強くして、ばい菌が増えるのを防いでくれるんです。

さらに!!疲れを取る「ビタミン」や「ミネラル」も豊富です。

さらにさらに!!お酒ですので、アルコールが含まれています。
アルコールは血行を良くし、リラックスできて、
睡眠をしっかりとれるので、ストレスも軽減されます。

まとめ

元々は薬用種として開発された梅酒です。
コップ一杯ぐらい飲んで寝ればさまざまな効果が得られるようです。
最後に私がなんとなく飲んだものを紹介しておきます。
↓こちら


あくまでもコップ一杯ぐらいがちょうどいいので、飲みすぎにはご注意を

ご覧いただきありがとうございました。
スポンサードリンク